プールスイム 1550m+1050m

練習日誌

練習内容

  1. 1550m 46’05″(2’58″/100m)
  2. 1050m 32’16″(3’04″/100m)
誤操作で50mプールの設定になっていました。距離がほぼ倍になっています。

1日に泳ぐ距離としては最長の約2500m泳げました。

1050mはゆっくり、大きく、楽に泳ぐようにしてみました。

終了後、首が痛くなりました。

クロールで意識したポイント

YouTubeでクロールのコツをいろいろ調べてから練習しました。まだまだ速く、そして楽に泳げるようになりそうです。

意識したのは以下の4点です。

息継ぎは、吸う→止める→吐く→吸う→止める→吐く・・・・

吸ってすぐにブクブク息を吐くと、肺から空気が減って体が沈みます。そうならないよにうに、一旦は肺の中に空気をためたまま、息を止めておきます。

そして、次に吸う前にしっかりと吐き出します。十分に吐き出すと 、次の吸気が自然と行えます。十分に息を吐かずに吸おうとばかりすると、余計にきつくなります。新鮮な空気と入れ替わらないと動画では説明していましたが、「動的肺過膨張」という要因もあるなと感じました。

手の入水時にブレーキをかけないように、指先からスッと入れる

ブレーキにならないように丁寧に入水させます。

全力で腕を回し続けない。時計でいうと6時~8時の範囲に力を入れる

全力で腕を回し続けると疲れますが、常に頑張るのは無駄とのことでした。時計でいうと6~8時の範囲だけ強く水をかけばいいそうです。なんなら、6時から7時半でも良いそうです。

前に出した手に体重を前に乗せていく

これによって、足が沈まなくなるそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました